実は使える定期積金
意外と知らない定期積金の基礎知識
定期積金の活用方法

定期積金は、貯金が苦手な方や本気でお金を貯めたいと考えている人にはピッタリな貯金方法です。仕組みが積立定期預金に似ているので、扱う金融機関が多い積立定期預金を利用すればいいと思うかもしれませんが、それでは今までと何も変わりません。定期積金の場合、預け続けていると定期的に地域の特産品が貰えたり、宝くじのようなワクワク感が味わえる懸賞金付きの商品などがあります。こうした楽しみがあると、継続して貯めていこうという気持ちが強まり、途中で挫折してしまう可能性が低くなります。

それから、自分で積立額や毎月の掛金を決めることができるため、自分のライフスタイルに合わせてお金の管理ができます。一度金融機関で毎月の払込金額や払込方法を決めてしまえば、あとは自動振替で勝手に貯まっていくのを待つのみです。金融機関によっては、直接自宅まで集金に来てくれるところもあるので窓口まで行く時間が無い時や、車に乗ることができないお年寄りの方でも利用することができます。

旅行資金や子供の教育資金として貯めたい、と具体的な目標がある場合は、そういった目的に合わせて積立てができる商品がお勧めです。金融機関によって、契約の内容は様々ありますが、「旅行定期積金」や「子育て応援積金」など貯めたい目的によって利用できる商品があります。これらは、通常のスーパー積金よりも金利の利率が良いのでこちらを利用した方がお得です。

特に目標が無かったり、漠然と将来のために貯蓄をしておきたいという方は、期間限定で販売されるキャンペーン商品を利用するのも良いでしょう。年金を受け取っている方用の定期積金や、事業者向けの納税準備用定期積金など、利用者を限定した商品もあり、これらはとても好条件の内容になっているので該当する方はぜひ申し込みましょう。定期積金である程度のお金が貯まったら、せっかくですから定期預金口座に移して堅実に貯めたり、運用商品に投資をして資産を増やしたりと選択肢を増やすのも良いのではないでしょうか。