実は使える定期積金
意外と知らない定期積金の基礎知識
定期積金とは

金融機関で扱われている金融商品は様々あり、普通預金や定期預金、財形預金などはどこの金融機関でも見かけることでしょう。実際にこれらの商品を利用しているという人はたくさんいると思います。そして、これらの定番商品以外は扱われていること自体を知らない人も多いと思います。その1つが「定期積金(ていきつみきん)」です。定期積金という名称から、定期預金と字が似ているので定期預金のような商品かと思うかもしれませんが、その内容は異なります。

定期積金は、預入れの期間や金額を自分で決めて、毎月決まった金額を積立てていき、満期日に貯まったお金と利息分を得ることができる仕組みになっています。そう書くと、積立定期預金と似ているのですが、定期積金と積立定期預金とは全く別の商品です。積立定期預金の場合は、普通預金口座から積立定期預金用の定期預金口座にお金を振り替えて、定期預金として貯めていく、という預金方法です。そして、お金を預入れた日が定期預金の確定日になります。1年間契約の積立定期預金なら、1月に預入れたお金は来年の1月が満期日となり利子が付き、2月に預入れたお金は来年の2月が満期日となり・・・という仕組みなので、毎月の積立てが独立した定期預金になっているのです。

一方、定期積金は預入れるお金を「掛金」として金融機関に払い込み、満期日に「給付契約金」として受け取るようになっているので、保険商品に近いイメージの商品といえます。積立期間を自分で決めることができ、中途解約をすることもできます。

主に、JA(農業共同組合)や信用金庫などで扱われており、「スーパー積金」と呼ばれる通常の定期積金の他、地域の特産品が貰える「夢付き定期積金」や、子供がいる家庭を応援する「子育て応援定期積金」など、様々な目的に合わせた商品や特徴を持つ商品が販売されています。金融機関によっては、ホームページから定期積金シミレーションで掛金額や金利を知ることができます。